読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

danyromero’s diary

小説のレビューおよび、時々お酒のウンチクもアップしています。

出口のない海

初の横山秀夫作品でしたが、完全に引き込まれました。

まず、本作品の舞台が生きたくても生きたい等と言うことが許されない、抗うことができない戦争が舞台であり、その中で、特攻兵器に搭乗しなければならない並木が、必死に生き、必死に考え、死ぬ覚悟を決め、それでも生と死に対して、最後まで葛藤し続けるため、リアリティがあり、引きつけられたのだと思います。

並木が事故で亡くなってしまう為、死の直前に何を思ったかは分かりません。しかしながら、遺書を読んだ沖田が思ったように、並木は敵兵を殺さずに死ねると思い、心静かに死の瞬間を迎えたのだと、私も思います。 

出口のない海 (講談社文庫)

出口のない海 (講談社文庫)

 

読了日:2014年10月13日 著者:池井戸潤

戦火を乗り越え、生き残った人達の多くは仲間を失い、耐えきれない思いを胸にその後の人生を生きたに違いありません。

大切な仲間と会おうと思えば、いつだって会えることができる私は幸せです。

今夜は、シンジケート58/6(俺たちは仲間(シンジケート))を飲みたいと思います。

このシンジケート58/6は、ふくよかな味わいと、やわらかな口当たりが特徴的なウイスキーです。

大切な仲間たちを思い出すのにピッタリなウイスキーです。 

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ