読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

danyromero’s diary

小説のレビューおよび、時々お酒のウンチクもアップしています。

誰か―Somebody

宮部さんの作品を初めて読みました。

冒頭の聡美の相談話の内容から、梶田氏の死の真相には、ただならなぬ様相が呈していると感じられ、大いに惹きつけられました。

しかしながら、梶田氏の死の真相が明らかになっていく様は推測の範囲内であり、冒頭に抱いた期待感に見合う結末だったとは言い難いものでした。

ただ、本作品を読んでみて、描写の丁寧さだったり、比喩が独特で興味深かったりと惹かれた部分も多々ありました。

本作品は『名もなき毒』と二部作のようですね。物足りなかった部分については、『名もなき毒』に期待してみたいと思います。 

誰か―Somebody (文春文庫)

誰か―Somebody (文春文庫)

 

読了日:2015年5月9日 著者:宮部みゆき

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ