読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

danyromero’s diary

小説のレビューおよび、時々お酒のウンチクもアップしています。

闇の花道―天切り松 闇がたり〈第1巻〉 (集英社文庫)

10年以上ぶりの再読です。

この一年半、池井戸潤高野和明横山秀夫今野敏宮部みゆきの作品を読んできましたが、ここに至って、無性に本書を再読したくなりました。

それは何故か。本書には、前述の作家さん達でも描き切ることができなかった『真の男の生き様』や『女の心意気』が描かれ、それが胸に深く響くからです。

こうまで胸に響くのは何故なのか。浅田氏の秘めた強い思いなどが真実味を増し、そう感じさせるのか。はたまた、読み手の奥底に眠っている悲しみや切なさが呼び覚まされて、共感させられるのか。

浅田氏に思い知らされます。

闇の花道―天切り松 闇がたり〈第1巻〉 (集英社文庫)

闇の花道―天切り松 闇がたり〈第1巻〉 (集英社文庫)

 

読了日:2015年8月8日 著者:浅田次郎

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ