読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

danyromero’s diary

小説のレビューおよび、時々お酒のウンチクもアップしています。

賢者はベンチで思索する (文春文庫)

本書には、難解で複雑なミステリー要素はありません。代りに、主人公の久里子と謎めいた老人との関わりを持たせたことで、この老人の存在が妙に頭に残るようになります。

そして、物語が進むにつれ、老人の存在感が際立ってくると、いよいよこの老人が何者なのか気になります。

老人の正体は詐欺師でした。しかし、詐欺師であっても老人は久里子を欺くことはしませんでした。

誘拐した子供を引き渡す際の電話のやりとりで、久里子に口止めしなかったシーンは、通常、歩むことの無い人生を辿った老人の心に生まれた、良心の呵責であったのだと思います。 

賢者はベンチで思索する (文春文庫)

賢者はベンチで思索する (文春文庫)

 

読了日:2015年11月20日 著者:近藤史恵

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ