読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

danyromero’s diary

小説のレビューおよび、時々お酒のウンチクもアップしています。

分身 (集英社文庫)

鞠子の章、双葉の章ともに中身が濃く、それぞれの章を抜き出して2作品にしてみても、作品として十分成り立つと思わせるほど力強さが感じられました。

本書において、2人の母親の死の真相等、興味深い点は幾つもありました。

しかし、何よりも興味を掻き立てられたのは、クローンである2人が出会った時どんな反応が示されるかでした。

2人が出会い会話をしたシーンはたった1頁でした。ほんの僅かな会話です。それでいながら、十分に納得感が得られるものでした。

同じ気持ち、同じ感情を抱く2人だからこそ、改まった言葉は必要なかったのでしょう。 

分身 (集英社文庫)

分身 (集英社文庫)

 

読了日:2016年2月19日 著者:東野圭吾

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ