読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

danyromero’s diary

小説のレビューおよび、時々お酒のウンチクもアップしています。

三人の悪党―きんぴか〈1〉 (光文社文庫)

約20年振りの再読です。今でこそ、平成の泣かせ屋の異名をとる浅田氏ですが、当時はそんな異名もなく、『地下鉄に乗って』も『鉄道屋』も『壬生義士伝』もまだ生まれていません。

しかし、浅田氏には当時から抜きん出ているものがありました。それは、どの作家さんよりも人一倍笑わせてくれる所です。

本書に登場する悪漢3人組は非常にキャラが立っており、それぞれが持ち合わせている妙な義理堅さや生真面目さ、破天荒さが一一笑わせてくれます。

直木賞受賞以降の作品しか知らない人達に是非、もう一つの浅田氏の凄さを知ってもらいたいです。  

三人の悪党―きんぴか〈1〉 (光文社文庫)

三人の悪党―きんぴか〈1〉 (光文社文庫)

 

読了日:2016年4月1日 著者:浅田次郎

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ