読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

danyromero’s diary

小説のレビューおよび、時々お酒のウンチクもアップしています。

天空の蜂 (講談社文庫)

事件発生から収束までの時間が僅か10時間余りだった点を踏まえると、疾走感はそれほど感じられませんでした。しかし、物語自体は非常に読ませる作品であったと感じました。

作者は当時既に原発に対する危機的意識を持っていて、沈黙する群衆に対して敢然と問題点を投げ掛けています。そして、三島が最後に発した「そのことにいずれみんなが気がつく」という言葉は心胆寒からしめるものでした。

まさに、東日本大震災において、現実のものとなっています。

本書を通じて、我々自身が考え、道を選んでいかなければならないことを痛切に感じた次第です。

天空の蜂 (講談社文庫)

天空の蜂 (講談社文庫)

 

読了日:2016年5月27日 著者:東野圭吾

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ