読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

danyromero’s diary

小説のレビューおよび、時々お酒のウンチクもアップしています。

眠りの森 (講談社文庫)

「卒業」と比べると惹きつけられた部分もありました。また、今回、加賀に対する見方が変わり、意外にも人間くさく人の好さが垣間見れたところに親近感を覚えました。

なお、本書の事件の真相が開示されるシーンに関して、思わず唸ってしまうような絶妙さだったり、驚きといったものは残念ながら感じられませんでした。

90年代半ば以降の氏の作品と比べると、総じて、臨場感や疾走感に欠け、読者の心に迫ってくるような圧倒感がまだありません。

ただし、本シリーズに対する期待感は高まっており、次回作では満足感が得られるものと期待しています。

眠りの森 (講談社文庫)

眠りの森 (講談社文庫)

 

読了日:2016年7月26日 著者:東野圭吾

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ