読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

danyromero’s diary

小説のレビューおよび、時々お酒のウンチクもアップしています。

ガリレオの苦悩 (文春文庫)

本書において、最も興味深かった作品は『操縦る』でした。

全ては奈美恵の幸せを確保するために、幸正自らが不実を働く息子を殺めて、財産を譲るための障害を取り除きます。同時に介護生活からも解放させ、さらには、罪をより重くするために情状酌量を望まず、刑務所で死することまで決意します。

何とも救われようのない悲しい結末だけが残るところでした。しかし、幸正の真の苦悩を暴き、湯川が語った言葉(自分達を信用しろ。責任は僕たちがとる。)によって報われた思いです。

人の心も科学であり、とてつもなく奥深いという一言に頷けます。 

ガリレオの苦悩 (文春文庫)

ガリレオの苦悩 (文春文庫)

 

読了日:2016年12月17日 著者:東野圭吾

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ