読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

danyromero’s diary

小説のレビューおよび、時々お酒のウンチクもアップしています。

銀行狐

『不祥事』、『銀行総務特命』に続いて本作を読みました。本作は前2作のように、強烈な個性を持った主人公(花咲舞、指宿)が固定されていないため、主人公に感情移入して読み進めていく私としては、少々物足りなさを感じました。しかし、収録されている5作品は何れもミステリー観満載であり、「現金その場かぎり」、「銀行狐」、「ローンカウンター」は非常に読み応えがありました。「銀行狐」では私が好きな『銀行総務特命』の指宿が登場し、また、「ローンカウンター」では『果つる底なき』の伊木が登場し、クールな立回りを演出してくれます。

銀行狐 (講談社文庫)

銀行狐 (講談社文庫)

 

読了日:2014年6月14日 著者:池井戸潤