読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

danyromero’s diary

小説のレビューおよび、時々お酒のウンチクもアップしています。

容疑者Xの献身 (文春文庫)

思い込みによる盲点をついた石神のトリックに心底、唸らされました。事前に「幾何の問題に見せかけて、じつは関数の問題である」と語っており、ヒントが開示されていますが、想像外、見事な落し込みというしかありません。

靖子と深い関りもない石神がそこまでして、身代りになる事なんてあり得るのか?

私はありだと思います。「人は時に健気に生きているだけで誰かを救っていることがある」この言葉に頷けます。

自ら退路を断った石神ですが、靖子は真人間として真実を告白します。石神の心に去来するのは、無念の思いだけなのか?私には解りません。 

容疑者Xの献身 (文春文庫)

容疑者Xの献身 (文春文庫)

 

読了日:2016年10月28日 著者:東野圭吾

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ