danyromero’s diary

小説のレビューおよび、時々お酒のウンチクもアップしています。

ようこそ、わが家へ (小学館文庫)

本書は長年積読となっていましたが読み終えて一言、面白かった!なぜもっと早く読まなかったのだろうかと、いまさらながら後悔しています。
表題を目にしたとき、なんとなくほのぼのした物語なのだろうと先入観を持ってしまい、後回しにしてしまった次第です。
しかし、読み始めてみると、戦慄とスリリングさが盛り込まれたノンストップ作品であり、あっという間の読了でした。
主人公の倉田は実社会ではパッとしない男ですが、真人間であり、我が家に帰れば一家の大黒柱でもあります。
家族が一致団結し、ストーカーと対決する姿に胸が熱くなりました。 
ようこそ、わが家へ (小学館文庫)

ようこそ、わが家へ (小学館文庫)

 

読了日:2018年10月29日 著者:池井戸潤 

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ

 

かばん屋の相続 (文春文庫)

池井戸作品で読み残していた「かばん屋の相続」をやっと読みました。
氏の作品を読むのは、かれこれ3年振りですが、やっぱり良いと思いました。
「10年目のクリスマス」などにおける銀行の腐り具合。いかにも氏の特徴的な表現です。これだよこれ!と懐かしさが込み上げてきました。
また、登場人物に吹き込まれた氏の熱い思いがひしひしと伝わり、氏がどれだけ情熱家であるかということがよく分かります。いずれの短編とも力が込められ、感じられ、惹きこまれました。 
続いて、もう一つ読み残している「ようこそ、わが家へ」に突入します!
かばん屋の相続 (文春文庫)

かばん屋の相続 (文春文庫)

 

読了日:2018年10月14日 著者:池井戸 潤

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ

 

新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書)

本書は2009年に出版されたもので、ホリエモンもまだ尖ってた頃だと思われ、ところどころ不躾感があったりします。
しかしながら、当時からホリエモンは合理的であって芯があり、生き様にブレがないことがよく分かります。
「お金は信用でありお金が無くても信用があれば生きている」という言葉は、ホリエモンが身を持って体験し、生まれた格言だ思われ、なるほど頷けるものがあります。
ホリエモンが凄いところは、余分なものなど一切を捨てることができることです。妙なプライドや見栄がなく、正面切って勝負しているところなどは好感が持てます。
新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書)

新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書)

 

読了日:2018年9月25日 著者:堀江貴文

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ

 

愚者の連鎖 アナザーフェイス 7 (文春文庫)

本書は、友人からいただいたもので堂場さん初読でしたが、初読がシリーズ7作目だったため、過去の経緯が分からず、少し戸惑いながら読む形となりました。
総じて、驚くような展開だったり、迫りくるような圧倒感は感じられませんでしたが、描写が丁寧なため、混乱せずにしっかりついていける内容になっています。
そのため、かなりいい線まで推理できる作品に仕上がっていると感じました。
なお、6作目ま読んでいれば、主人公と参事官との信頼関係に寄り添って、もっと面白く読み進めることができたと思われ、旧作に対する興味が沸いています。

読了日:2018年8月20日 著者:堂場 瞬一

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ

 

街場のメディア論 (光文社新書)

本書で得心したのは第一講です。「適性と天職」は探すものではない。まず仕事をする。そのうちに自分にどんな適性や潜在能力があるのかが分かってくる。

そして、与えられた条件のもとで最高のパフォーマンスを発揮するように、自分自身の潜在能力を選択的に開花させる。

その能力が爆発的に開花するのは、切迫した他者からの懇請によって起こるものであると捉えました。

振り返って、自分自身の社会人人生で大きな力を発揮できたとき、確かにこの状況に近いプロセスが踏まれていたのを思い出した次第です。

著者の父性愛の話、いい話だと思いました。

街場のメディア論 (光文社新書)

街場のメディア論 (光文社新書)

 

読了日:2018年7月15日 著者:内田 樹

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ

 

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

ホリエモンの言うことは、いつでも合理的であり、特別でなく、誰でもできるものです。そして、本書に書いてあることを実践すれば、必ず何かが変わると言っています。
要は、やるか。やらないか。それだけです。
バンジージャンプで例えるなら、ただ飛ぶだけであり、飛んでみたら誰でもできるというものです。この点を念頭において、読み進めてみると、ほぼ腑に落ちる事ばかりです。
そのために、一秒でも早く言い訳するのをやめ、自意識とプライドを捨て、一歩踏み出す勇気を実践することで、変わってくる結果を実感してみたいと思います。

読了日:2018年6月25日 著者:堀江 貴文

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ

 

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

本書では、あれこれよからぬことが頭に浮かんでもかまわず書く、考えずに書く、全部そのまま書くことの重要性が説かれています。
とにかく、躊躇せず1頁1分で書きだすことがゼロ秒思考の肝となります。これを実践することで、瞬時に現状を認識し、課題を整理し、解決策を考え、どう動くべきかの意志決定ができるというものです。
とはいえ、1日10頁10分を3ヶ月続けるのはやっぱり厳しい!と考えてしまいます…。既に考えてしまっている、躊躇してしまっている自分がいます…。頭をシンプルに、深く考えず、まずは実践あるのみです!
ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 

読了日:2018年6月11日 著者:赤羽 雄二

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ

 

(146)自分のことだけ考える。: 無駄なものにふりまわされないメンタル術 (ポプラ新書)

ホリエモンが言う"自分のことだけ考える"とは、他人に期待などしない、他人の人生を生きない、自分のやりたいことに集中するなどを意としているものです。

では、私はどうなのかと考えると、他人の目を大いに気にし、こんな風に思われたいなどと考えていることを自覚せざるを得ません。ときには無駄な労力を使って、演じていた自分がいたことを感じずにいられません。

自分のやるべきことに集中するためにも、一喜一憂しない、感情で判断しない、嫉妬しない、やるべきことに没頭するなどと合わせ、実りのある社会人人生に変えていきたいものです。

読了日:2018年5月24日 著者:堀江貴文

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ

 

詩的私的ジャック (講談社ノベルス)

犯人が明らかになった後で、事件の顛末を犀川助教授が語る手法は『冷たい密室と博士たち』と同様でした。

ただし、前作ほどの緊迫感だったり、著者特有の仕掛けの深さや読者への投げ掛けの強さなどは、今回それほど感じることはできませんでした。

しかし、その一方で犀川と萌絵というキャラクターに対する興味深さや魅力はこれまで以上に湧き、2人の関係性が今後どうなっていくのだろうかという楽しみが出てきました。

本シリーズは10作品あり、その面白さ、奥深さは、この程度ではないはずです。大いなる期待を持って次作に突入したいと思います!

詩的私的ジャック (講談社ノベルス)

詩的私的ジャック (講談社ノベルス)

 

読了日:2018年5月20日 著者:森博嗣

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ

 

冷たい密室と博士たち (講談社文庫)

緻密で精緻な森さんの作品は、登場人物の一挙手一投足まで意識を集中して読んでいかなければ、犯人を特定するのは困難であると感じました。
クライマックスのシーンを経て、遂に犯人が明きらかになっても、、、まだ、要領を得ない自分がいました…。
最後まで明かされない動機によって、こうした現象が生じるのかなという思いもあります。しかし、残り50頁を切ってからの事件の顛末を一気怒涛に明かす犀川助教授による説明は圧巻です。
本作を踏まえ、次作の『詩的私的ジャック』をどう読んでいくべきかという楽しみへと繋がっています。
冷たい密室と博士たち (講談社文庫)

冷たい密室と博士たち (講談社文庫)

 

読了日:2018年4月15日 著者:森博嗣

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ

 

99%の会社はいらない (ベスト新書)

ホリエモンは極めて合理的な人だと感じました。保険をかけず、色んな物をばっさり捨てる勇気があるからこそ、合理主義に徹せるのだと思います。
プライドを捨てれない私は、バカにもなれず、物は捨てれない、着ない服も取っておくタイプであり、総じて、判断力や決断力、見極めの鈍さに繋がっています。
自らに保険を掛け、仕事は楽しめるものではなく、生活のためとなっています。現代はネット社会であり、幸いにも情報の収集と発信する土壌が整っています。
ホリエモンが言う通り、勇気を持って動けば、楽しめる人生に変えることはできると考えます。

読了日:2018年3月25日 著者:堀江 貴文

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ

 

すべてがFになる (講談社文庫)

森博嗣作品初読です。読了後まず思ったのは、本書はこれまでに読んだことのない作風であったという点です。
全体的に無機質な印象があり、登場人物に対する感情移入はそれほどありません。しかしながら、先の読めない展開、漫然とした状況が逆に惹きつけられ、伏線を意識しながら興味を持って読み進めていくことができます。
Fの正体とは?7の孤独とは?ここに工学博士ならではの仕掛け、投げ掛けが感じられ、独特だと感じる部分です。本書はシリーズものということであり(先は長い!?)、次作の『冷たい密室と博士たち』に突入したいと思います!
すべてがFになる (講談社文庫)

すべてがFになる (講談社文庫)

 

読了日:2018年3月10日 著者:森博嗣

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ

 

頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法

良書と言われる対人関係書の多くは他人に関心を持ち、愛を向けることなどの重要性が説かれています。しかし、これを実践するには困難を極めます。

その点、本書は気軽に取り組める良さがあります。アホの特徴を明確化し、アホに囚われる愚かさを説き、気軽にアホ、アホ言ってくれる面白さから小子気味よく受け入れられます。

実際に取り入れてみると、アホがまたアホなことを言っているなと余裕を持って捉えることが出来てきます。ナイーブで純粋な人ほどアホと戦ってしまいがちですが、アホをいい気にさせて、好結果を生み出すのもありだと思います。

読了日:2017年12月19日 著者:田村耕太郎

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ

 

シャドウ (創元推理文庫)

落込みへのプロセスにおいて、強引さを感じる部分はあります。にも関わらず、満足感の方が上回ります。
なぜかと言えば、本書には、思わず唸るような巧緻性があったり、クライマックスが来たと思ったら、その後に真のクライマックスが用意されている等、読者を驚かせようとする著者の気概が感じられるからです。
凰介が言った「誰かに心から恨みを向けたら、それは何かのかたちできっと自分に返ってくる。だから誰も心から恨んだりしない。」は今の私に突き刺さります。推理小説でありながら、自分を見直すきっかけをも与えてくれる良作でもあります。
シャドウ (創元推理文庫)

シャドウ (創元推理文庫)

 

読了日:2017年12月19日 著者:道尾 秀介 

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ

 

上機嫌の作法 (角川oneテーマ21)

今まさに不機嫌の中心世代(45歳以上)に差し掛かろうとしています。私自身、全員に対して不機嫌ではないのです。たった1人。いや、少し広げて2・3人といったところです。

この不機嫌を脱しきれない要因は「ふっきれない」ところにあります。頭から離れず、引きずってしまうのです。ふっきるための推進力として断言力などが挙げられています。

これはこうなんだと受け入れ、断言して終息することの重要性を説いています。まさにそうだと思います。にも関わらず上機嫌、あえて上機嫌と考え、技化していくというところに共感できる部分があります

上機嫌の作法 (角川oneテーマ21)

上機嫌の作法 (角川oneテーマ21)

 

読了日:2017年12月10日 著者:齋藤 孝

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ