読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

danyromero’s diary

小説のレビューおよび、時々お酒のウンチクもアップしています。

モップの精は深夜に現れる (文春文庫)

キリコシリーズ2作目の本書は、1作目よりも表現力の巧みさが向上し、また、考えさせる要素が増えており、より興味を惹かれる作品となっていました。

しかしながら、近藤史恵さんの作品といえば、超良作である『サクリファイス』があるため、どうしても出来具合を比較してしまいます。

『サクリファイス』と比べると、本書には、新たな疑問の投げかけが無く、表現力の巧みさの点で劣っていると感じてしまいます。

ただし、次回作は『サクリファイス』と同時期に書かれた作品であり、本書よりもスケールアップが期待できるため、非常に楽しみです。  

モップの精は深夜に現れる (文春文庫)

モップの精は深夜に現れる (文春文庫)

 

読了日:2016年1月4日 著者:近藤史恵

 

にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へにほんブログ村 酒ブログ 酒のウンチクへ